お知らせ

梅雨時期の不調について

東京も梅雨入りしましたね。
それに伴い、これからの時期は湿気に注意が必要です。
皆さんの中には、この時期特に体調を崩しやすいという方もいると思います。梅雨時期に体がだるくなる、元気が出ない、むくむ、冷える、下痢しやすいなどの症状が出る方は東洋医学でいうところの「脾虚」という状態かもしれません。

「脾虚」とは東洋医学で考える、「脾」(東洋医学的な消化器・消化機能のこと)の働きが悪くなり、体に変調をもたらしやすい状態です。
「脾」の働きの一つに水分を体中に巡らせるというというものがあり、その機能が弱ると体のなかを巡るべき水分が滞り不快な症状の元になります。
水分をめぐらせる働きが弱っているときは、外からの湿気の影響も受けやすく、梅雨の時期は症状も悪化しやすいといわれています。

「脾虚」はもともと日本人に多い体質といわれていますが、生活習慣によりその症状が悪化することも多いです。
特に梅雨時期は症状も重くなりやすいので、予防的に生活習慣を見直すことが大切です。
例えば、消化器に負担をかけないよう食事やお酒の量をコントロールしたり、ストレスなどを溜めないようこまめに発散したり、水分の代謝をよくするよう軽めの運動で汗をかくなどです。
一般的な健康法と重なる部分もありますが、特にこの季節は予防的に行うことが健康維持にはとても大切です。
また、予防をしてもなかなか改善されず症状が重い場合は、鍼灸やマッサージでの施術も行っております。鍼灸マッサージでは気になる症状の改善と予防の両方に効果的です。

他にも、各季節に現れやすい症状があるので、こんな症状は季節と関係しているの?と気になる方はお気軽にご相談下さい。

小金井グリーン鍼灸治療院

吸角の話

当院では吸角療法(カッピング療法、吸玉療法などともいわれる)という治療法も取り入れ、多くの患者様にご利用いただき満足の声をいただいております。
女性の患者様の中にはエステなどで受けられたことがあるという方もいますが、あまりご存じない方のほうが多いようです。
吸角とはガラスのカップを真空状態にして患部につけ、吸引刺激を与える治療法です。マッサージなどの押圧刺激と違い吸引するような刺激なので、初めて体験する新鮮で気持ちいい刺激だという声をいただくことが多いです。

施術に際して、治療した箇所の痕について質問されることが多いです。多くのケースでは吸角をつけたまま時間を置く方法をとります。この方法では、コリの強い所や滞りのある場所ほど色が濃く赤や紫色の丸い痕がつきます。しかしこれらの痕は一週間ほどで消え、ずっと残るようなものではありません。また、背中のあく服を着る時など痕がみえて恥ずかしいという声もあるので、ニーズに合わせ当院では痕のつかない吸角法も行っております。

吸角の効果としては
・血行改善
・神経の働きを整える
・皮膚のターンオーバーを促進
・デトックス効果
・内蔵機能の向上
など様々な効果があります。

他にも東洋医学的なものでは
・解表(げひょう)
外から体の中に入る外邪(東洋医学では病気の原因の一つと考える)を外に追い出す効果
・止痛(しつう)
滞りを改善して痛みを改善する効果(東洋医学では滞りのある箇所は痛みを生じやすいと考える)
・行気活血(こうきかっけつ)
気のめぐりを改善し、血などのめぐりも改善する効果
・清熱(せいねつ)
体の中の熱を冷ます効果
などの効果が東洋医学的には考えられています。

吸角をお勧めする症状の例として下記のものが挙げられます。
肩コリ、寝違え、腰痛、捻挫、坐骨神経痛、頭痛、便秘、風邪の予防改善、生理痛、ストレス、不眠

他にも様々な症状にお使いいただけるので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。
他とは違う東洋医学のプロが行う施術を是非体験ください。

小金井グリーン鍼灸治療院

お灸の話

お灸と聞くと「お灸をすえる」熱いお仕置きのようなイメージをもたれる方も多いと思います。
しかし、お灸と一口で言っても種類や方法など様々なものがあります。
お灸で用いる艾(もぐさ)は、よもぎの葉から作られます。よもぎには薬効成分の含まれた精油が含まれており、温熱効果のほかにもこの精油の成分が体に良い効果をもたらすといわれております。
お灸のやり方も、皮膚に直接行う直接灸と、間接的に皮膚に温熱刺激を与える間接灸があります。
直接灸は直接皮膚に強い温熱刺激を与え、生体反応を起こし治療します。間接灸は熱源が皮膚から離れており間接的に温熱刺激を与える治療法で、痕が残らず心地の良い刺激で行えるのが特徴的です。
当院では間接灸の中でも「温灸」といい、患部より距離をおいて輻射熱で温熱刺激を与える治療法に力を入れており、多くの患者様からも好評の声をいただいております。当院オリジナルの温灸も複数用意しており、患者様の症状や感受性により使い分けしております。

お灸の一番の効果として、人が本来持っている自然治癒力を高めるという効果があります。お薬などと違う点は外から何かを足すというのではなく、自身の中にあるものの機能を高める治療なので、体への負担も少なく妊娠中や授乳中の方など幅広い方にご利用いただける治療法です。
他にも免疫力の促進、血流改善、痛みを和らげる効果、筋肉緊張の緩和、自律神経の調整、ホルモン系の調整など様々な効果が期待できます。冷え性や、むくみ、肩コリ、腰痛、食欲不振、生理不順、生理痛、不眠、ストレス、風邪の予防などに対しても効果的で、特に当院では婦人科系の症状に対して併設の助産院と連携をとりながらの治療に力を入れて行っております。
妊活中、妊娠中、授乳中の方は助産院と共同のコースもございますので、お気軽にご相談ください。

 

小金井グリーン鍼灸治療院

刺さない鍼

鍼ときくと体に刺している鍼をイメージする方が多いと思いますが、実は鍼には様々な種類があり、刺さない鍼も存在します。
刺さない鍼の中でも、皮膚表面を擦るように刺激し治療する鍼は、接触鍼と呼ばれ実際の施術でも多く使用されます。

刺す鍼か接触鍼かは、患者様の状態や刺激への感受性により使い分けます。刺さない鍼で治療効果はあるの?と思う方もいるかも知れませんが、使い方や症状次第では刺す鍼より効果的な場合もあります。
例えば、小さい子供に行う場合は恐怖心から施術自体が難しいことがありますが、接触鍼で痛くないこと、気持ちいいことなどがわかると自然とリラックスし治療効果も出やすくなります。
子供に行う鍼を小児はりといい、接触鍼で行うことが多いです。小児はりの効果としては夜泣き・かんのむし・消化不良・食欲不振・不眠・小児喘息・アレルギー性湿疹・夜尿症・虚弱体質の改善などの効果があるとされています。

当院では、接触鍼で行う小児はりにも力を入れており、状態に応じた施術が出来るよう様々な種類の接触鍼をご用意しております。
また、小児はりだけでなく美容目的に応用できる接触鍼もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

小金井グリーン鍼灸治療院

予防医学としての針灸マッサージ

患者さんと話していて、針灸マッサージの本来の役目は予防医学であるというお話をすると、多くの方が驚かれます。

薬用酒メーカーのCMなどで『未病』という言葉を耳にされた方もいると思いますが、本来はこの『未病』に対して治療を行うとことも針灸マッサージの役目なのです。
『未病』とは東洋医学の用語で、病気になる少し手前の状態を意味します。あまり気にならないけど少しだけ体が重い、
体の末端の血の巡りが悪い気がする、やる気が起きない、寝ても寝足りないなど一般的には病気と診断できないが、病気の予備軍として現れる様々な症状が『未病』です。
針灸マッサージはこの『未病』を治療して、病気にならないように、またつらい症状が現れないような元気な体にするというのが本来の目的としてあるのです。

病気にまだなってないのにその予防のために時間を作りお金を払うのは馬鹿らしいと考える方もいるかもしれませんが、大きな病気になってから治療を始めると、より高額な治療費を払うことになってしまうかもしれません。最近、アメリカなどで医療費の削減のため、予防医学に対する関心が高まっており、針灸マッサージも積極的に予防医学の一環に取り入れようという動きがあります。長期的な視点でみると予防医学に重点を置くことがトータルでかかるコストの軽減につながると考えられているようです。

また、特に針灸は“症状がつらい時の最終手段”として考えている方が多いようですが、針灸本来の役目からすると、症状がつらくなる前の予防や、健康状態を維持するというのが理想的な針灸治療の利用法だとされています。

しっかり働けて、しっかり遊べる時にこそ今後の健康を考え行動を起こすことが大切なのだと思います。何か重篤な病気にかかってからでは、健康を取り戻そうとしても大変な労力と費用がかかります。健康なときこそ出来る健康管理を始めてはいかがでしょうか。当院では予防医学としての針灸マッサージに力を入れており、定期的な来院がしやすいプランもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

小金井グリーン鍼灸治療院

骨盤調整コース(共同コース)が出来ました。

新しい助産院&鍼灸院共同コースが出来ました。

妊娠前・妊娠後・出産後に起こる骨盤のゆるみ・ゆがみをケアするコースです。
骨盤のゆるみ・ゆがみは痛みや婦人科系の症状の原因にも繋がります。
そんな症状に対し、助産院と鍼灸院が共同で総合的な骨盤のケアを行います。

骨盤調整コース詳細

マッサージの効果について

あん摩・マッサージ・指圧の違いについては先日記事を書きましたが、効果については知っているようで、知らないことも多いのではないでしょうか。あん摩・マッサージ・指圧(以下マッサージ)は肩コリや腰痛などに対してコリをほぐし、血行をよくするというのが一般的に多く知られている効果だと思います。もちろんそれらの症状に対しても有効ですが、筋肉だけでなく皮膚や関節、神経系、消化器系、呼吸器系などに対しても効果的です。
1、筋肉に関しても、血行をよくするだけでなく、筋の収縮性・弾力性を高める効果や、筋の収縮速度を速くするなどの効果。

2、皮膚に関しては美容面との関係も深く、皮膚全体の新陳代謝を活発にし、皮膚の弾力を強くする効果や、頭皮に行い毛髪の育成を促す効果。

3、関節に関しては、関節内の血行を改善し運動機能を高める効果や、滑液(関節内の潤滑液)の分泌を促し運動を滑らかにする効果、関節可動域を広げる効果。

4、神経系に関しては、自律神経を調整し内蔵の働きを改善する効果や、ホルモン系に作用し体の様々な変調を調整する効果。

5、消化器系に関しては、消化機能を促進する効果や、腸の動きを改善する効果。

6、呼吸器系に関しては、胸郭を広げやすくし肺活量を増やす効果や、肺の機能を高め酸素摂取量を多くする効果。

さらに、ここに書き切れない効果がまだまだ沢山ありますが、上記の1~6のような効果が期待され、それらの作用のおかげで様々な疾患に対してマッサージで治療をすることが出来ます。
<適応疾患の一部>
神経痛、不眠症、五十肩、筋肉痛、腱炎、眼精疲労、頭痛、めまい、慢性関節リウマチ、関節拘縮、骨折・脱臼の後遺症、便秘、食欲不振、気管支喘息、高血圧、乳腺障害、痛風、全身疲労、不定愁訴 etc.

小金井グリーン鍼灸治療院

あん摩・マッサージ・指圧の違いって?

あん摩やマッサージ、指圧という言葉はきいたことがあると思います。
しかし、その違いを正確に言える人は少ないと思います。
これらの手技には、それぞれ施術の方向性の違い・対象とする組織に違いがあります。

まず、あん摩は衣服の上から遠心性(中心部から末端の方向性)で行います。揉(も)み・捏(こね)ねる手技をメインとし、主に筋肉の硬さをほぐし血液循環を改善させる効果が期待されます。

マッサージは滑剤(オイルやパウダーなど)を用い皮膚に直接、求心性(末端から中心部の方向性)で行います。擦(さす)る手技をメインとし、主にリンパの流れを促進させる効果が期待されます。

指圧は衣服の上から遠心性で行います。ツボなどのポイントに対して一点圧を加え、主に押圧刺激による反射作用で、筋肉や神経などの調整が期待されます。

このようにそれぞれの特徴、利点があります。しかし、最近はすべてを含めてマッサージと呼ぶことが増えているようです。
当院でも最近の風潮に従い、衣服の上から行うものに対してもマッサージという言葉を使っておりますが、臨床の場では症状などに応じて使い分けております。
これらの手技の違いを知っていれば、自身の受けている施術がどれに分類するのか判断できます。そして、その違いをしっかりと説明できる治療院は、信頼のおける治療院だと思いますので、ぜひ治療院選びの参考にしてみてください。

また、これらの施術にはあん摩マッサージ指圧師という国家資格が必要ですので、ご注意ください。日本あん摩マッサージ指圧師会HP

小金井グリーン鍼灸治療院  副院長 菅井

鍼灸の効果について

鍼灸は肩こりや、ギックリ腰などの腰痛のときに通うものじゃないの?という声をよく耳にします。もちろん、それらの症状に対してもとても効果的です。
しかし、患者様の多くは、最初は肩や腰の症状で来院いただき、施術をしていく中で、他にも様々な症状に効果があるということを実感していただくことが多いです。
よくある症例では、肩コリを主訴に来院され、肩コリ以外の症状を聞くと眼精疲労と頭痛もつらいというケースです。
これらの症状は、肩コリを改善することにより、周囲が明るく見え、頭痛が楽になるなど症状が軽減されることが多いです。また、それと一緒にそれぞれの症状に対して、それぞれの治療を行うことでより高い効果が得られます。
また、それ以外にも風邪気味でのどが痛いときや、お腹の調子が悪いとき、生理痛がつらいとき、捻挫などの外傷、寝違え、鼻炎など当院だけでも様々な症状を鍼灸で治療してまいりました。
それぞれ改善の過程に個人差はありましたが、患者様は皆さん結果に満足していただいたようでした。また、そのほとんどの方に「鍼灸ってこんなことにも効くんですね」と驚かれまれました。
鍼灸の効果にはまだ明らかになっていない部分も多く、科学的に説明のつかないことがたくさんあります。
しかし、科学的な根拠で証明できない部分も、東洋医学では数千年も前から考え・研究され、多くの治療結果を出してきているというのも事実です。当院では東洋医学・西洋医学双方の観点から症状を診て、治療を行っております。
また、併設のグリーン助産院と連携して施術も行っております。乳腺炎、赤ちゃんを抱くときに肩がこる・手が痛くなるなどの症状の他、安産・妊活の応援を助産院と連携して行うコースも用意しております。 助産院&鍼灸院共同コース
他にも不妊症や、婦人科系の症状は助産院と連携して症状の改善にあたることもできますので、安心して受診いただけます。
当院では、鍼灸治療を通して多くの方の元気で笑顔あふれる生活を支えられるよう願っております。

上記以外の鍼灸治療の適応例
坐骨神経痛などの神経痛、不眠、膝痛、五十肩、腱鞘炎、月経不順、冷え性、疲れ目、夜尿症、小児喘息 など

日本鍼灸師会 鍼灸適応症例 リンク

小金井グリーン鍼灸治療院

ハリって痛くないの?

鍼灸師として治療を行っていると、「鍼って痛くないの?」という質問はよく受けます。おそらく一番多くされる質問ではないでしょうか。やはり皆さん、この質問が一番気になるようですね。
実際に、ご来院いただき初めて鍼を受けた患者様の多くから、『全然、痛くなくて驚いた』というような感想をいただくことが多いです。
「ハリ」という言葉から注射針のようなものをイメージされるケースが多いようですが、当院で使用している鍼の直径は0.12~0.20mmという細さで、髪の毛とほとんど変わらないサイズです。鍼の先端も注射器のように皮膚を切って入れるような構造ではなく、皮膚の傷つく範囲を最小限に抑えスムーズに刺入出来る構造になっています。これほど細い鍼を使用しているので、鍼の痛みは感じづらく、施術中に痛みを感じることはほとんどありません。
また、鍼の刺激の中に 「響き」というものがあります。「響き」とは鍼を体に刺入している際に感じる独特の感覚で、重く鈍い痛みのような独特の感じがします。不調のある箇所の付近を刺激すると感じることが多く、東洋医学では滞ったところが正常な流れに戻る際に「響き」を感じるものとされています。
当院の鍼は基本的には痛くない鍼灸治療を心がけておりますので、患者様の状態と好みに合わせて刺激量を調整しております。響きが苦手・怖いという方に無理におすすめすることはありませんのでご安心ください。施術の最中でも刺激に関して気になることがありましたら遠慮なくご指摘ください。
このように鍼の形状や、施術者の技術により痛みを感じることはほとんどありません。当院では、より多くの方に鍼を体験いただき、健康的で充実した笑顔あふれる毎日を送っていただきたいと思っております。

小金井グリーン鍼灸治療院

3 / 41234