お知らせ

月別アーカイブ: 2016年5月

吸角の話

吸角

当院では吸角療法(カッピング療法、吸玉療法などともいわれる)という治療法も取り入れ、多くの患者様にご利用いただき満足の声をいただいております。
女性の患者様の中にはエステなどで受けられたことがあるという方もいますが、あまりご存じない方のほうが多いようです。
吸角とはガラスのカップを真空状態にして患部につけ、吸引刺激を与える治療法です。マッサージなどの押圧刺激と違い吸引するような刺激なので、初めて体験する新鮮で気持ちいい刺激だという声をいただくことが多いです。

施術に際して、治療した箇所の痕について質問されることが多いです。多くのケースでは吸角をつけたまま時間を置く方法をとります。この方法では、コリの強い所や滞りのある場所ほど色が濃く赤や紫色の丸い痕がつきます。しかしこれらの痕は一週間ほどで消え、ずっと残るようなものではありません。また、背中のあく服を着る時など痕がみえて恥ずかしいという声もあるので、ニーズに合わせ当院では痕のつかない吸角法も行っております。

吸角の効果としては
・血行改善
・神経の働きを整える
・皮膚のターンオーバーを促進
・デトックス効果
・内蔵機能の向上
など様々な効果があります。

他にも東洋医学的なものでは
・解表(げひょう)
外から体の中に入る外邪(東洋医学では病気の原因の一つと考える)を外に追い出す効果
・止痛(しつう)
滞りを改善して痛みを改善する効果(東洋医学では滞りのある箇所は痛みを生じやすいと考える)
・行気活血(こうきかっけつ)
気のめぐりを改善し、血などのめぐりも改善する効果
・清熱(せいねつ)
体の中の熱を冷ます効果
などの効果が東洋医学的には考えられています。

吸角をお勧めする症状の例として下記のものが挙げられます。
肩コリ、寝違え、腰痛、捻挫、坐骨神経痛、頭痛、便秘、風邪の予防改善、生理痛、ストレス、不眠

他にも様々な症状にお使いいただけるので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。
他とは違う東洋医学のプロが行う施術を是非体験ください。

小金井グリーン鍼灸治療院