お知らせ

月別アーカイブ: 2017年2月

2/19トレーナー活動報告

②IMG_2714

2月19日(日)に副院長が都立小金井北高校でサッカー部のトレーナー活動をしてまいりました。

この日は練習試合があり、試合後の選手のケアをメインに行いました。

膝の痛みを訴える選手は、膝を伸ばしきるときに痛みがあり、ボールを蹴る瞬間などに特に痛みが強いとのことでした。
動作確認・検査等の後にマッサージと鍼での治療を行いました。患部周囲の筋をほぐし、また患部には運動鍼を行いました。
(ここで行った運動鍼とは、痛みの出る動作や姿勢をとりながら行う鍼で、筋肉系・関節周囲の痛みに対して速攻性の高い治療法としても知られています。)

また、足首の捻挫をした選手には患部周囲に鍼を行いました。治療を受けた選手は鍼治療が初めてだったようで、動作時の痛みと可動域が治療直後に変化したことに驚いていました。鍼の感想を聞いたところ「思ったほど全然痛くない」とのことでした。

他にも、足の裏の痛みを訴える選手にはインソールや足底板使用の指導を行ない、腰のケアを希望する生徒にはマッサージと鍼、テーピングを行いました。テーピングは簡単な貼り方で、自身でも練習や試合の前に貼れるように指導しました。

前回、手首を痛めた選手は一度は回復しプレーもしたそうですが、練習の最中に転倒し再発したとのことで、再度治療を行いました。また、再発予防のために復帰時期や手首の固定法などの指導も行いました。
大腿部の打撲で治療した選手は、特に問題なくプレーできるようになり、試合にも出場できていました。

高校生のケアを行うのに際して、予防のための知識やケア方法の指導がとても大事だというのを感じます。基本的な知識はネットなどでも調べられるため、選手も自身で調べるようですが、実際は知っているようで知らないという部分もあり、さらに間違った情報を鵜呑みにしている場合もありました。早い段階で正しい知識やケア方法を知るということで予防できるケガも多いと思います。回復力がある若いうちはケアをおろそかにしがちですが、体のケアは一生涯必要になってくるので、今のうちにしっかりと伝えていきたいと思います。

 

小金井グリーン鍼灸治療院

2/12トレーナー活動報告

本日(2月12日)副院長が小金井北高校サッカー部のトレーナー活動を行ってきました。晴天で日向は温かいのですが、風があり日陰はかなりの冷え込みでした。

昨日転倒した際手首をついて捻挫した選手には、患部周囲の鍼治療を行い手関節可動域の改善をはかりました。可動域は広がったが、まだ痛みは残るとのことでしたので、テーピングでの固定も一緒に行いました。

他にも、両大腿部の打撲(通称:ももかん)の選手や、アキレス健炎の選手、痛みはないが張り感が気になるという選手にも治療を行いました。

また、前回ハムストリングスの肉離れで戦線離脱していた選手は、復帰して試合に参加できるまでになりました。しかし、まだ張り感などは気になるとのことで、継続的に予防的なケアも行っていきたいと思います。

最近は体育の授業で持久走も行っているとのことで、オーバーワークからか痛みを訴える選手も増えてきた気がします。ストレッチが嫌いな選手もいるので、ストレッチ等体のケアの重要性も今のうちに伝えていけたらと思います。

今後もトレーナ活動等スポーツの現場にかかわる活動を随時行っていきたいと思いますので、スポーツ障害・ストレッチ方法・その他ケアなどお気軽にご相談ください。

小金井グリーン鍼灸治療院