jinjinjinjin-123 のすべての投稿

動かざるは痛む

不通則痛

最近、緊急事態宣言下で外出が少なくなった、テレワーク推奨の流れで在宅での作業が増えたという方が増えているようです。
元々運動不足の傾向にあった方は特にそうですが、通勤時の歩行という貴重な運動の機会もなくなり運動不足に拍車がかかる状況になっています。
テレワークを始めてから腰や肩が辛くなったといったお悩みが当院でも最近多く寄せられます。これには歩行などの運動が減ったことや、仕事場とは異なる椅子・机の高さ、長時間の同じ姿勢などの原因があると考えられます。
生理学・解剖学の観点でも人体は動かすことで健康が保たれるとされています。血流やリンパ還流は心臓の動きだけで流れるのではなく筋肉の収縮により正常な循環が行われるとされています。人の体は筋肉の収縮により血管やリンパ管に圧がかかり流れの後押しをするようになっているため、筋肉の収縮=運動をすることにより健康な体が維持できるようになっています。血流の悪い箇所があるとコリや痛みが生じやすく、さらには傷や炎症のある個所の修復が遅くなり痛みも慢性化しやすいと考えられています。

東洋医学の考えには「不通則痛」(通らざるはすなわち痛む)という言葉があります。これは体を流れるとされる気(体のエネルギー源など様々な働きをするもの)や血(体の各所を栄養する物質)の流れが通じずに滞ると痛みを生じるという考えものです。つまり、体の中の流れがスムーズであることが痛みや不快感のない生活に欠かせない条件になるわけです。では、体の中の流れをスムーズにするためにはどのような方法があるのかというと、一番簡単な方法は運動することです。体を動かすことで全身の気や血の流れに勢いがつき滞りが生じにくくなります。また、にじむ程度でいいのですが汗をかくと熱が生じ、汗とともに余分な水分を外に出すことが出来ます。汗をかくほどの熱が生まれることにより体の中の流れはより活性化します。汗をかき余分な水分を出すことで、これからの時期の高い湿度や気圧差が原因で起こる痛みや不様々な不調などにも予防・改善の効果が期待できます。

このように、西洋医学・東洋医学の双方の観点から動かないことが痛み・不快感につながるということが分かって頂けたと思います。
ご自身でできる対処法としては適度なウォーキング等の運動・ストレッチなどがあげられますが、症状の程度によっては効果が出にくいことがあります。
そんな時にハリ・灸・マッサージの治療は最適です。東洋医学の観点では気や血の流れをよくする働きをし、西洋医学的には筋肉の緊張をほぐし血流を改善するのにとても効果的です。ご自身でのケアはとても大事ですが、もしそれでも痛みや不快感が続く場合はお気軽にご相談ください。
また、腰痛や肩こり以外にもさまざまな症状(眼精疲労・頭痛・めまい・食欲不振・ストレス・しびれ・不定愁訴など)があるときはお気軽にご相談ください。

小金井グリーン鍼灸治療院

ご予約についてのお願い

お願いします

患者様各位 平素より小金井グリーン鍼灸治療院をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

ご予約に際してのお願いです。
当院では、予約制での施術を行っております。ご予約を下さる皆さまの為にしっかりと枠を設けてお待ちしております。
遅刻度重なる変更やキャンセル予約直前のキャンセルは、患者様ご自身の適切な治療計画の妨げと他の患者様の予約を妨げる行為になりますので、おやめください。より多くの方に最適な治療を提供させていただけるようご協力のほどよろしくお願いいたします。

また、下記の予約に際しての注意事項へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
①遅刻の場合は治療時間が短くなります。
②遅刻を理由としたコースのご変更はお断りさせていただきます。
③予約のキャンセルや変更については、なるべく2日以上前に余裕をもってご連絡ください。
④悪質な場合やあまりにも度重なる場合はキャンセル料(料金の100%)をいただくことや、予約をお断りすることがございます。
 ※やむなき理由と当院で判断できる場合は該当致しませんので個別にご相談下さい

患者様により良い環境で施術を受けていただくためにも、ご協力をよろしくお願いいたします。
これらに関してご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

小金井グリーン鍼灸治療院

梅雨時期の不調

梅雨

間もなく6月に入りますね。6月になると梅雨に入り湿度の高い日が多くなります。
梅雨時期になると患者様の中でも症状が悪化する方や不調を訴える悪化する方が増えます。これは、気圧の変化や気候の変化などが関係していると考えられます。
東洋医学においても湿気・湿度が関係し、心身に悪影響を及ぼすと考えられています。東洋医学では、『気』『血』『津液(水)』というものが体を滞りなく巡ることで健康が維持されると考えます。『気』はエネルギー源でありパワーの源、『血』は体の各所を栄養し、『津液(水)』は体の潤いに関与しています。
湿度の高いところでは、体を巡る『気』『血』『津液(水)』の流れが悪くなります。特に『津液(水)』の流れに大きく影響し、滞りが生じます。『津液(水)』の滞りは、浮腫み・だるさ・頭痛・耳鳴り・関節痛・食欲不振など様々なところに影響が現れます。さらに、元々これらの症状が現れやすい方は特に梅雨時期に悪化しやすいので注意が必要です。
簡単に考えると周囲の湿度が高いため水分が体に停滞しやすくなるというものなので、健康な体であれば汗などで余分な水分を外に出すことが出来れば、梅雨時期の不快な症状は改善することが出来ます。しかし、元々水分を体にため込みやすく『津液(水)』の停滞を起こしやすい方は梅雨時期に備えて予防的な治療をお勧めします。
鍼灸マッサージ治療では数値や目に見える形の異常がなくても予防的な治療を行うことが出来るという利点があります。梅雨時期の体調不良に備えて早めのケアを行ってください。
他にも気になる症状や、ご質問などがある場合はお気軽に当院までご相談ください。
当院では皆さんが健康的な毎日を過ごせるよう、尽力したいと願っております。

小金井グリーン鍼灸治療院

春と自律神経

春

前回、自律神経についてのコラムを書きましたが、今回は自律神経と季節の関わりのお話です。

自律神経というのは、安定を好むので生活のリズムや環境の変化が少ない方が正常な働きします。
そのため春は、自律神経の乱れが起こり心身の不調が起こりやすいといわれています。
春は気温や気圧の上下、仕事の部署替え、引っ越し、入学など様々な身の周りの変化が起こる時期です。そんな変化の多い季節なので、自律神経も周りの環境に合わせて心身のバランスをとるよう頑張ります。しかし、体力や気力の落ちているタイミングでは変化についていくことが出来ず、自律神経が乱れ心身のギブアップのサインとして様々な不調が現れます。
そんな時は適度な運動・バランスのいい食事・深い睡眠・規則正しい生活リズムというのが大事になります。しかし、厄介な点があり春の不調はこれらの対応策が頭でわかっていてもなかなか体が動いてくれないところにあります。これもまた、自律神経の不調の難しいところで心と体の両方に症状が現れやすい特徴があり、やる気が起きないので行動できないという悪循環に陥りやすいです。
そんな時にその悪循環を断ち切るきっかけを作ることが出来るのが鍼灸マッサージです。鍼灸マッサージは体表からの刺激が自律神経に作用し、心身共に治療できる数少ない治療法です。
当院では東洋医学的な考え方の治療も行っています。東洋医学の考え方では、病気(病名)でみるのではなく患者様一人一人の心身の状態を把握してその方に合わせたオーダーメイドの治療ができます。そのため、西洋医学の観点から診て異常がなく治療法の少ない不定愁訴などに対しても効果的な治療ができます。

気になる不調や症状がある方はお気軽にご相談ください。

小金井グリーン鍼灸治療院

自律神経とは

自律神経

最近、自律神経についてのご質問や相談をよく受けるので少し解説したいと思います。

自律神経とは、体の働き(特に内臓など)を自動で無意識の内にコントロールしてくれる神経のことです。
自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、二つの神経は主に反対の作用をしておりお互いにバランスを取り合っています。

交感神経はもともと緊急時に働く神経とされており『逃げる』『戦う』などの時に体を効率よく動かすために働く神経とされています。安全な暮らしをしている現代では緊急時というのも少ないため、軽度なストレスなどにも反応して神経が興奮します。そのため、日中にストレスを受けた日は目がさえてなかなか寝付けないなどが起こります。交感神経が過敏に反応して、『休む』のではなく『動かす』ように体を準備してしまうためです。

副交感神経は、主に交感神経とは反対の働きをする神経です。体や脳を休めるときに働き、効率のいい休息を取れるように働いてくれます。また、体が休んでいる時に消化器を活性化して排泄を促すなど内臓系の働きとも関係が深いです。そのため、副交感神経の働きが十分でないと上手に体を休ませることが出来ない、お通じの調子が悪いなどの不調が現れます。また、消化器系関連の症状では交感神経と副交感神経のバランスが崩れ副交感神経の過剰な興奮が起こると、下痢や便秘を繰り返すなど過敏性腸症候群といわれる疾患にもつながります。

これらの交感神経と副交感神経は互いにバランスよくコントロールされ、体の働きを支えています。そのコントロールが崩れた時に心身のバランスが崩れ様々な不調が現れます。
鍼灸マッサージの治療では、体表から自律神経に作用して交感神経と副交感神経のバランスをとる手助けができる数少ない治療法です。また、東洋医学の考えを用いた治療では心と身体を同時に治療が出来るので、自律神経に関する大部分に対して治療が行えるというメリットもあります。

上記したこと以外にも自律神経は奥深く、様々なことと関与します。また機会があれば載せたいと思います。

当院では、心と身体を対象とした全体治療を心がけています。気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

〇過去のコラム
ストレスと自律神経とハリ灸のお話

小金井グリーン鍼灸治療院

免疫力と予防医学

検温

昨年から新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、免疫力に関する情報がメディアでも毎日のように報じられています。
免疫力を上げる方法として、睡眠・ストレスの緩和・適度な運動・日光浴・体にいいとされる食べ物を食べるなど様々な方法が取り上げられています。

鍼灸など中国伝統医学では、『未病治』という考え方があります。これは病気の種を発見、治療し発病前に予防するという考え方です。
病気の種とは病気として症状が現れる前におこる、自覚できるかどうかの微妙な位の心身の変化です。東洋医学ではこれらの小さい変化を体からの声として聴取し治療していきます。
つまり鍼灸治療は『予防の医学』と考えることもできます。
これらの考え方は科学的にも証明されており、鍼灸治療が免疫力に作用して風邪などの病気の予防に効果的ということが分かっています。
実際に患者様からは鍼灸治療を受けるようになり、『風邪をひかなくなった』『季節変わり目に体調を崩さなくなった』など体が丈夫になったいうご報告を多く頂きます。
このように鍼灸治療は風邪などを予防の段階から治療することが出来る数少ない治療法です。今回流行している新型コロナウイルス感染症に鍼灸治療が効果的ということは現段階では明言できませんが、人が本来持っている免疫力を高め、病気になりにくい体を作ることは鍼灸治療の得意分野です。特効薬など有効な治療法がまだ出回っていない今の状況では、免疫力の向上が最も効果的な対策だと思います。

ご興味のある方はぜひ、鍼灸治療を体験してみてください。
また、ご自身で行うことのできるお灸法などもお教えできますのでお気軽にお問合せ下さい。

小金井グリーン鍼灸治療院

冷え症に対する鍼灸マッサージ

0065_original.jpg修正サイズ変更

当院に来院される患者様は体の痛みやコリと一緒に冷え症などを訴える方が多くいらっしゃいます。
『冷えは万病の元』ともいわれ、冷えは体のいたるところに悪い影響を与えます。
冷えは血流の悪さの表れです。筋肉の血流が悪ければ痛みやコリを生じ、骨盤内の血流が悪いと婦人科系の症状などにつながります。
冷え症の原因は様々で、ストレス・運動不足・栄養不足などがあげられます。
鍼灸やマッサージでの治療では、自律神経の調整を行うことができるためストレスの緩和につながります。また、筋肉を柔らかく健康な状態に回復させるので、運動不足で働きの悪くなった筋肉のパフォーマンスを向上させます。さらに、自律神経を介して内臓系にもアプローチできるので、消化機能の向上を促し、栄養を体中に巡らせるという効果も期待できます。
また、冷えのある局所に対して施術を行うことにより、局所の血流が増加して冷え症の改善につながります。
このように、鍼灸やマッサージでの治療は冷え症の原因に対しても、局所の症状に対しても両方同時に治療できるという素晴らしい治療法なのです。
これからの季節は昼夜の温度差など気候の変動が激しく、体が疲れやすい季節です。そのため冷え症の悪化なども起きやすく、早めにケアをして症状を悪化させないことが大切です。

冷え症に対しては継続的な治療が望ましいとされているため、当院ではお家で出来る簡単な予防法もお教えしております。冷え症に対するセルフマッサージの他、お家で出来る簡単なお灸のやり方もお教えしております。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

また、何か施術に関してご不明な点がございましたらお気軽に当院までお問い合わせください。

関連コラム
ストレスと自律神経とハリ灸のお話
リラックスのコツとは
お灸の話
当院オリジナル温灸について

小金井グリーン鍼灸治療院
042-406-1041

当院では訪問治療も行っております。

0032_originalサイズ変更

当院では、痛み・疾病・高齢・後遺症等により通院が困難な方を対象にご自宅または入居施設に伺い施術を行っています。
また、自費治療であれば症状が軽い方でも訪問での治療が可能です。

保険適用での訪問マッサージをご希望の方はこちらを参照してください。

自費での訪問治療は60分6600円+往診料となります。

(往診料:市内1km以内は1650円、2kmまでは2200円 *市外近隣の場合は距離に応じて計算いたします。お気軽にご相談ください。)
施術内容はお体の状態に応じてハリ・温灸・マッサージの中からご提案させていただきます。また、ハリや温灸等に関して苦手・怖いという方に無理におすすめすることはありませんのでご安心ください。

その他ご不明な点はお気軽にご相談ください。

小金井グリーン鍼灸治療院
042-406-1041

当院では感染症対策を徹底しております。

手洗い図

当院では新型コロナウイルス感染防止策を実施しております。

【感染予防対策】
・施術者の検温を実施、体調管理の徹底
・施術者のマスク着用
・施術で用いる、タオルは患者さまごとに交換し洗濯
・枕、胸当ては使用後に消毒用エタノールにて拭き取り
・施術者は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒石鹼にて手洗い
・施術の前に速乾性アルコール消毒液にて手指を消毒
・施術室、受付のこまめな換気

*患者様におかれましては37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状がある場合は、必ず事前にご相談ください。また、ご来院時の手洗いうがい等のご協力もお願いしております。

可能である限りの対策をしておりますので、安心してご来院ください。また、ご不明な点等ございましたらお気軽にご相談ください。

小金井グリーン鍼灸治療院

消費税増税に伴う価格改定のお知らせ

5417

平素は、当院をご愛顧いただき厚くお礼申し上げます。
さて、皆様にもご承知のとおり令和元年10月1日から消費税が増税ますことに伴いまして、当院においても10月1日より新税率10%を適用し価格を改定させていただきます。
当院は、今後とも皆様に愛される治療院となりますよう努力してまいりますので、これからも変わらないご愛顧を賜りますようお願い申し上げます 。
尚、今回の価格改定に関してご不明なことがありましたらお気軽にご質問ください。

小金井グリーン鍼灸治療院  院長 菅井