お知らせ

鍼灸の効果について

slide02

鍼灸は肩こりや、ギックリ腰などの腰痛のときに通うものじゃないの?という声をよく耳にします。もちろん、それらの症状に対してもとても効果的です。
しかし、患者様の多くは、最初は肩や腰の症状で来院いただき、施術をしていく中で、他にも様々な症状に効果があるということを実感していただくことが多いです。
よくある症例では、肩コリを主訴に来院され、肩コリ以外の症状を聞くと眼精疲労と頭痛もつらいというケースです。
これらの症状は、肩コリを改善することにより、周囲が明るく見え、頭痛が楽になるなど症状が軽減されることが多いです。また、それと一緒にそれぞれの症状に対して、それぞれの治療を行うことでより高い効果が得られます。
また、それ以外にも風邪気味でのどが痛いときや、お腹の調子が悪いとき、生理痛がつらいとき、捻挫などの外傷、寝違え、鼻炎など当院だけでも様々な症状を鍼灸で治療してまいりました。
それぞれ改善の過程に個人差はありましたが、患者様は皆さん結果に満足していただいたようでした。また、そのほとんどの方に「鍼灸ってこんなことにも効くんですね」と驚かれまれました。
鍼灸の効果にはまだ明らかになっていない部分も多く、科学的に説明のつかないことがたくさんあります。
しかし、科学的な根拠で証明できない部分も、東洋医学では数千年も前から考え・研究され、多くの治療結果を出してきているというのも事実です。当院では東洋医学・西洋医学双方の観点から症状を診て、治療を行っております。
また、併設のグリーン助産院と連携して施術も行っております。乳腺炎、赤ちゃんを抱くときに肩がこる・手が痛くなるなどの症状の他、安産・妊活の応援を助産院と連携して行うコースも用意しております。 助産院&鍼灸院共同コース
他にも不妊症や、婦人科系の症状は助産院と連携して症状の改善にあたることもできますので、安心して受診いただけます。
当院では、鍼灸治療を通して多くの方の元気で笑顔あふれる生活を支えられるよう願っております。

上記以外の鍼灸治療の適応例
坐骨神経痛などの神経痛、不眠、膝痛、五十肩、腱鞘炎、月経不順、冷え性、疲れ目、夜尿症、小児喘息 など

日本鍼灸師会 鍼灸適応症例 リンク

小金井グリーン鍼灸治療院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>