お知らせ

ハリって痛くないの?

slide03

鍼灸師として治療を行っていると、「鍼って痛くないの?」という質問はよく受けます。おそらく一番多くされる質問ではないでしょうか。やはり皆さん、この質問が一番気になるようですね。
実際に、ご来院いただき初めて鍼を受けた患者様の多くから、『全然、痛くなくて驚いた』というような感想をいただくことが多いです。
「ハリ」という言葉から注射針のようなものをイメージされるケースが多いようですが、当院で使用している鍼の直径は0.12~0.20mmという細さで、髪の毛とほとんど変わらないサイズです。鍼の先端も注射器のように皮膚を切って入れるような構造ではなく、皮膚の傷つく範囲を最小限に抑えスムーズに刺入出来る構造になっています。これほど細い鍼を使用しているので、鍼の痛みは感じづらく、施術中に痛みを感じることはほとんどありません。
また、鍼の刺激の中に 「響き」というものがあります。「響き」とは鍼を体に刺入している際に感じる独特の感覚で、重く鈍い痛みのような独特の感じがします。不調のある箇所の付近を刺激すると感じることが多く、東洋医学では滞ったところが正常な流れに戻る際に「響き」を感じるものとされています。
当院の鍼は基本的には痛くない鍼灸治療を心がけておりますので、患者様の状態と好みに合わせて刺激量を調整しております。響きが苦手・怖いという方に無理におすすめすることはありませんのでご安心ください。施術の最中でも刺激に関して気になることがありましたら遠慮なくご指摘ください。
このように鍼の形状や、施術者の技術により痛みを感じることはほとんどありません。当院では、より多くの方に鍼を体験いただき、健康的で充実した笑顔あふれる毎日を送っていただきたいと思っております。

小金井グリーン鍼灸治療院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>