お知らせ

刺さない鍼

0392_original

鍼ときくと体に刺している鍼をイメージする方が多いと思いますが、実は鍼には様々な種類があり、刺さない鍼も存在します。
刺さない鍼の中でも、皮膚表面を擦るように刺激し治療する鍼は、接触鍼と呼ばれ実際の施術でも多く使用されます。

刺す鍼か接触鍼かは、患者様の状態や刺激への感受性により使い分けます。刺さない鍼で治療効果はあるの?と思う方もいるかも知れませんが、使い方や症状次第では刺す鍼より効果的な場合もあります。
例えば、小さい子供に行う場合は恐怖心から施術自体が難しいことがありますが、接触鍼で痛くないこと、気持ちいいことなどがわかると自然とリラックスし治療効果も出やすくなります。
子供に行う鍼を小児はりといい、接触鍼で行うことが多いです。小児はりの効果としては夜泣き・かんのむし・消化不良・食欲不振・不眠・小児喘息・アレルギー性湿疹・夜尿症・虚弱体質の改善などの効果があるとされています。

当院では、接触鍼で行う小児はりにも力を入れており、状態に応じた施術が出来るよう様々な種類の接触鍼をご用意しております。
また、小児はりだけでなく美容目的に応用できる接触鍼もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

小金井グリーン鍼灸治療院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>